2016年8月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

    システムエンジニアの履歴書について

    システムエンジニアとして新たに仕事を探す場合、履歴書の書き方によって採用担当者の評価も変わってくる場合が多い。
    しかし、携わってきたプロジェクト数が多いSEの場合、履歴書や職務経歴書をどのように記載したらよいか迷うかもしれない。
    よくありがちなのが、緻密派のシステムエンジニアが、経歴書を詳細にわたって長く書いてしまうケースだ。

    採用担当者は、主に開発実績や経験業務、スキルなどを見ていく。
    その際、開発実績をただ羅列しているような履歴書では、応募者が一番アピールしたい箇所を担当者が見落としてしまうことも考えられる。
    そうしたことを避けるためにも、開発実績は読み手に分かりやすいように要約をして記載すると、担当者の理解が得やすくなるだろう。
    その際、とりわけアピールしておきたいプロジェクトがあるなら、1件から3件程度であれば詳細を記載しておくのもお勧めだ。
    プロジェクト内で担当していた役割、その仕事で得られたものなどを明確にすると良い。

    また、企業としては、応募者に対して単に技術力を望んでいるだけとは限らない。
    特に、プロジェクトリーダーのような上位職を募集しているケースでは、技術力よりむしろプロジェクトをスムーズに遂行し、的確に利益に繋げることを期待されることがある。
    その点を考慮して、応募者は自らの技術力をアピールするのはもちろん、プロジェクトを遂行するスキルに関しても可能な限りアピールすると効果的である。
    今後、転職で人生がどうかわるかは履歴書次第かもしれない。事前準備に、こちらのサイトを参考にするのも良いだろう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です